精神病

人生において一番大事なものは気づくこと

いらっしゃいませ!フジサンへようこそ!

広報のトムです✌️😏

今日は気づく力についてお話ししたい思います。僕はこのブログの中で自分が病気で過去苦しんだことを書いていますが、一番困難から抜け出せる簡単な方法は自身との対話で生まれる気づきだと思います。

よく困った時に誰かに助けを求めることは良いことだとされることもあるけれど、もちろんケースによっては必要です。僕にも必要な時は確かにありました。しかし今は自分との対話をすることがベストであるという結果にたどり着きました。

このことを聞いてもトムの言う「自分との対話ってなんだ?」っていう方もいらっしゃるかもしれません。僕も過去の自分に聞かせても、過去の自分はよくわからないと思います。僕の対話のやり方は自分が混乱した時に手を胸に当てて問いかけることです。

そうすると不思議と答えが点と点を繋ぐように分かるのです。自分がなぜ混乱しているのかわからないとだんだん憎しみの気持ちが出てくるものです。なぜこんな気持ちにならなくてはならないのかと思うとまず僕の場合、顔も思い出せない父の存在を思い出します。

僕のこの病気を彼は知っている。しかしそれでも父は振り向こうともしないその愛の希薄さに絶望感を覚えるのです。特に辛い時には非常に辛いものがあります。その時に私がもし助けを求めるのならば誰に助けを求めるべきでしょう。

簡単です。父です。父以外の人に助けを求めても何も解決しません。しかしながら、父は何も声をかけて来ようともしません。20年間以上我々はなんの会話もなければ、こっちから電話をしても父は大丈夫かどうかの質問はしてこなかった。

そういう時、私は憎しみを持ったまま生きていくべきでしょうか。私はあっさりしているのかどうか分かりませんが、憎しみを持っていないかと聞かれたら難しいですが意識せずに毎日生きています。

父のことでイライラしていても父にその辛さは伝わらないです。かつ自分が損をします。憎しみのために苦しむなんてバカバカしいです。だからこそその苦しむことをどうにか晴らす為に自分と話す努力をするのです。

しかし、そう言われてもどうやってするのか疑問に持つかもしれません。なぜ今の僕が自分との対話できるようなったのか。様々な情報をかき集めどうやって自分の気持ちを鎮める方法を考えた結果です。これを見つけるのに10年以上かかりました。

僕が気づくことの大切さを気づけたことに感謝して毎日生きています。

本日もありがとうございました😊

広告
ABOUT ME
アバター
tom
フジサン広報担当 パワーストーン大好き!ITも大好き! お客様に有益な情報をお届けします!
Translate »