Japanese culture

はい!その考え方、もう既に終わってる日本人

いらっしゃいませ、フジサン広報・トムです😁

昨日、仕事が終わった後に自分が使っているオンライン英会話教室で話していた時にこれはシェアしたいな〜って思ったことがありました。僕の先生に何気なく、「日本人ってどう思う?」って聞くと働き者とかよく聞くことをいうからもっと聞いてみました。「じゃあ日本で働きたいですか?」と聞いたところ、案の定「NO」と言いました。それは当たり前です。日本は移民政策で移民が来て欲しいと言ったのにも関わらず、日本でとんでもない労働環境で働かされた人々がいることは世界でも有名です。

そんな日本で働きたいわけないですよね。かつその先生は他の日本人生徒の話を聞かせてくれました。結構その考え方がもうすでに老害丸出しで、びっくりしました。もうその日本人たちは歳を重ねている人たちらしいので無理もないかもしれないけれど、その人達の言っている一番終わってると思ったのは「日本の若者がどんどん海外に出ていって悲しい、我々はどうなっていくのか。」ですね。正直この発言には腹が立ちました😒

「若者が海外に行かざる理由を作ったのはあなた達ではないか!!」と言いたいですね。日本が若者に優しくそして将来性がある国ならなぜ若者が海外を目指す必要があるのですか!

少子化問題にも大した事もせず、ほっといてかつ移民政策もあんな適当にして結果として日本を働きたくない国ランキングの上位にまで伸し上げて、その上IT化の失敗まで引き起こしておいて若者が海外にいくことが悲しい?自分たちの子孫にどこまで優しくないのですか?戦後、日本人は頑張り、ここまで発展したことは素晴らしいことです。しかし国は人々の塊です。人が自分の成長に満足した瞬間に終わります。それと共に国も終わります。

このまま日本の若者が世界に行かなかったら、生き残りをかけた勝負をできずに日本人は絶滅していくのです。そんな危機的状況を危惧して海外に挑戦する若者を応援するどころか、自分たちはどうなるかを考えるなんて終わってます。そんなに海外に行って欲しくないなら若者を信用して、選挙権を正式に放棄して若者に全て決めさせる社会を作るぐらいの改革をするべきです。

日本がこうなってしまったのは仕方がないですが、後どうするかを考えれるのが人間です。だからこそ、今こそ日本人がよく考える最後の時だと思います。自分たちの子孫の繁栄を祈り、行動できるか?それとも老害として呼ばれ日本滅亡に貢献するのか?良く考えるべきです。

今日は少しシリアスになってしまいました。しかしこれが現実です。現実から逃げたら、本当の滅亡が待っています。だから後悔がないようにいきましょう。

本日も読んでいただきありがとうございました。

広告
ABOUT ME
アバター
tom
フジサン広報担当 パワーストーン大好き!ITも大好き! お客様に有益な情報をお届けします!
Translate »